グローバル化とは何か

身につけたいスキルとは?

グローバル化に必要なスキルと思い浮かべて思いつくものは「英語」と答える方が多いでしょう。
間違えではないのですが、英語ができるだけでは生き残ることができないようです。
では何が必要なのか。
それは、「対応力」になります。
海外と関わるということは、予測では考えられない事が起きることもあります。
世代や文化が違う為、働き方や考え方も違いそれに対応していかなければなりません。
商談など意見の食い違いが生まれてしまうといくら英語ができていても意味がありません。
様々なものを見る視点、会社での経験、相手の立場になって考えるという事が重要となってきます。
そして、関わる国の文化など学んでおくことも大切になってくるかもしれません。

外国人とのコミュニケーション能力

先程述べた、対応力にも不可欠となるものがコミュニケーションです。
誰とでもうまく関わることのできる方もいるかと思いますが、グローバル化でのコミュニケーションは文化の違う人々と関わるということです。
日本人同士はある程度どう伝えたら理解できるかという話し方がわかりますが、他国となると伝え方に違いが出てきます。
わかりやすく説明しなければ理解を得ることができない場合が多いのです。
その反面、はっきりとした意見をしなければ議論をしたところで違いが生まれてしまします。
外国人と関わることは簡単ではありませんが、わかりやすく説明し、自分の思いを伝えつつ、相手の気持ちに立って接するという基本的なことかもしれませんが、重要なことなのです。