21世紀に必要な能力

時代に伴う教育の変化

21世紀型スキルとは、国際団体の教育関係者などが所属しているATC21sが定めた定義です。
狙いはグローバル化に対して、小学校などの授業であらかじめスキルを身につけていくという考えです。
その中でも前述で述べたコミュニケーション、問題解決があり、他にはイノベーションやチームワーク、学習などがあげられます。
タブレットを使った授業が行われている学校があるということは皆様も耳にしたことがあるのではないでしょうか。
こうした働きは今後多くコンピューターなどの機械に触れることを想定したもので、時代に合わせて行われています。
タブレットを使った授業のように昔はなかった授業が現在では行われ、今後想像もしなかったことが授業に取り入れられる日もそう遠くはないかもしれません。

今後予測される教育方法

今後どのように授業が変わっていくのか、予測されることをご紹介します。
チームワークを身につけるために、グループディスカッションを行ったりなど授業を受けるという観点から、授業を自分たち行うような自発的なものが増えていくかと思われます。
生徒の考え方などを授業の中で尊重していくような方向に向かうことも予測されます。
しかし、そうした中でこういった未来に向けての授業を受けていない世代が親となる場合、昔受けた学習を教えていくことが難しくなっていきます。
学習面では学校が教育し、文化や時代の生き方などは親から学ぶという時代がもしかしたら来るかもしれません。
学校教育も変化していくと親の教育も変化していかなければなりません。