グローバル化のデメリット

海外での生産化

グローバル化に伴い、企業側が低コストで生産を考えたときに海外に拠点を置いてしまうと日本での生産ができなくなってしまいます。
それと同時に日本の工場の閉鎖や海外での雇用化が発生します。
そうなると、日本の失業者がふえてしまい日本の経済的負担が増えてしまうのです。
そして、日本で生み出されたお金は海外へ行ってしまい日本経済の問題にも発生してしまいます。
そうしたことがあり、産業の空洞化に発展してしまうのです。
一見、コストは抑えられたり生産量は増えていくように見えますが、その反面日本に及ぼす影響は大きくありマイナスとなってしまいます。
今後、グローバル化に併せて日本の制度や保障を考えて行かなければ不況を加速させていきます。

外国人の雇用と貧困格差

日本での外国人の仕事では、低賃金で雇用されることが多くコスト削減にはいいかもしれませんが、問題があります。
大体の外国人は短期間の研修を経て自分の帰国しますが、そのまま継続して日本で働くこともあります。
そうした中で、優秀な外国人が日本に残って働くと、技術の進歩に伴い人員カットの流れになると、優先的に優秀な外国人が残ることとなります。
そうなると、日本人の働き口が減少してしまいます。
経営者側が豊かになりますが、貧困層との差が大きく広がります。
こういった差が起こることが想定されることもあり、21世紀型スキルや技術を今後身につけていくことが大事になってきます。
それとともに政府も雇用についても対策していかなければなりません。